よく噛むと痩せる理由【60㎏ダイエット体験】

開いていただき、ありがとうごいます。

つれづれちゃまです。

 

「よく噛むと痩せる?」

私は17歳後半から19歳にかけて、約120㎏から60㎏まで減量しました。

現在41歳で73㎏ですが、80㎏を超えるリバウンドはしていません。

 

今回は「よく噛むと痩せる理由」について、過去の体験を元に振り返ってみます。

 

※今回の記事は↓の「食生活5か条」「2.1口30回噛む。」の詳細です。

痩せる食生活へ変えるには?【60㎏ダイエット体験】

01/24/2019

 

「噛む=痩せる」理由

子供の頃から、よく噛んで食べた方がよい、と言われていたように思います。

一方、太っていた頃の私は、噛みすぎると味が薄くなって美味しくない、と思っていました。周囲の痩せている友人も同じように言っていました。

 

60㎏痩せ、40歳を超えた今、振り返ってみると、

 

たくさん噛む=痩せるは正しい

 

と思います。

 

私の実体験から「噛む=痩せる」理由は下記です。

「噛む=痩せる」理由
  • 食べる時間が延びる
  • 味が良くわかる
  • 顎が疲れる
  • 体に良いことをしている(気がする)

 

食べる時間が延びる

当たり前ですが、1口の回数を増やしてご飯量が同じなら、食べる時間が延びます。

そうすると不思議ですが、少しご飯量を減らしても満足するようになりました。

 

私は、1~3か月単位で、白米の量をお茶碗3杯から、2杯→1.5杯→1杯と減らしていったのですが、無理なく減らせたのは、この影響が大きいかなと思っています。

 

味が良くわかる

「白米が甘い!」「野菜が甘い!」と感じるようになりました。

 

そして、食材の味が噛むことで変わることが分かるようになりました。

 

少ない分量でも噛むこと通じて、より美味しさを実感できることを知ったことは、太っていた高校生当時の私には大きな発見でしたね。

 

顎が疲れる

1口30回噛み始めた当初によく思っていたことです。

どれだけ噛んでいなかったのか、ということですよね(^_^;)

 

疲れるので食べる量も減った、と思います。

 

余談ですが、顔が小さくなってきたときは、噛んでいる効果か?と勝手に思い込んでいたことを記憶しています。(効果のほどは定かではないです。)

 

体に良いことをしている(気がする)

「よく噛むことは健康に良い」は、何となく常識かなと思っていました。

 

太っていた高校生当時の私は、「痩せて健康な人たちは、良く噛んでいるはずだ!」と思い込んでいたように思います。

 

痩せて健康な生活っぽい(^o^)丿

 

この「(何となく健康やダイエットに良いこと)っぽい」と感じられることが、40歳を過ぎた今でも習慣として継続できたポイントだと思います。

 

噛む回数について

1口30回にしたのは、何となくだったと思います。

確か、親か学校からそう教えられたように思います…。

 

経験上、30回位噛めば食材の美味しさを十分堪能できます。

 

まとめ

私の経験を振り返ると、

 

よく噛む効果
  • 少量でも味が良くわかり、食事の満足感が増す
  • 痩せて健康な生活っぽいことをしている充実感が得られる

 ⇒結果、痩せて、太りづらくなる!

 

と思います。

 

お読みいただき、ありがとうございます!

 

 

つれづれちゃま

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

chamachamakun

「健康でワインを飲み続けたい!」をモットーに、ダイエット(健康に関する色々)とワインを楽しんでます。60㎏ダイエット体験や、ワインを飲みながら走るマラソン大会等、過去と現在の楽しい体験をお伝えしていきます。少しでも楽しんでいただけたら嬉しいです(^^)/