停滞期?体重は「忘れた頃」に減る【60㎏ダイエット体験】

開いていただき、ありがとうごいます。

つれづれちゃまです。

 

「痩せなくなった!」

diego_torres / Pixabay

 

私は17歳後半から19歳にかけて、約120㎏から60㎏まで減量しました。

現在41歳で73㎏ですが、80㎏を超えるリバウンドはしていません。

 

今回は「停滞期?体重は「忘れた頃」に減る」と題して過去の体験を元に振り返っていきます。

 

私にもあった「停滞期」

食事制限でダイエットをすると、一定期間体重が減らない時期があるようです。

一般的には「停滞期」と言うそうです。

 

振り返ってみると、高校3年生の秋頃から、大学受験の浪人生活を経て大学入学するまでの約1年半年位で、60㎏位痩せたわけですが、確かに痩せない時期はありました。

 

それでは、私の体重はどのように減っていったのでしょうか?

 

体重は忘れた頃に減り始める

私の記憶では、私の体重は下記のように減っていきました。

f:id:chamachamakun:20190201181710p:plain

大体、1~3か月ごとに減量する時期がありました。

減量するときは1か月位かけて減ります。

 

この減量期の共通点が2つあります。

減量期1か月間の共通点
  • ちょっと減ってから、しばらく停滞し、また急に減る
  • 食事を減らしたことを忘れる位に食事量に慣れている

 

減量期の食事の減らし方と体重の減り方

私が主に減らしたのは白米です。

 

120㎏当時の私は白米を毎食2~3杯、場合によっては電子ジャーごとかき込むように食べていました。

 

「痩せている人はきっと白米は1杯なんだろうな~」と思っていましたが、急には減らせられません。無理です!

 

まずは食生活5か条に基づき、分量は気にせず食事量を一定化しました。

そうすると、野菜を食べたり、良く噛むことで食事時間が長くなる等して、

自然と「(白米)半分~1杯位なら減らしてもよいかな?」と思える位

になりました。始めて1か月位だったと思います。

 

そうして食事量を減らしたところ、2~3日してすぐに5㎏位減りました。

 

しかし、その後は全然減らなくなりました。

 

「こんなものなのかな?」と思いつつ、1週間か2週間位過ごしていくと、食事量を減らしたことすら忘れました。

胃が小さくなるのか、慣れるんでしょうね。

 

この頃、不思議なことが起こりました。

 

「何となく痩せたかも?」と感じられる兆候(ベルトの穴が縮まる、顔を少しすっきりした気がする、等)が出始めるのですが、体重は減っていないのです。

 

それでも気にせず、一定の食事量を続けていたところ、ある日突然、体重が減り始めました。

 

最初の減量期(120㎏→100㎏切る位)は、減り始めて1週間位で15㎏は減っていったように記憶しています。

 

自分の「痩せたかも?」という感覚に、実際の体重が釣り合っていった感じですね。

 

食事を減らしてから痩るまでの流れ
  1. 食事量を減らす
  2. 少し痩せる。その後、痩せなくなる
  3. 食事量を減らしたことを忘れる位慣れる
  4. 何となく痩せた気がする。体重は変わらない
  5. 急に痩せる。その後、痩せなくなり安定する

 

まとめ

 痩せなくなる=停滞期は、私にもありました。

 

停滞期かな?と思う方へ
  • 体重は段階的に減ります。
  • 食事を減らしたことを忘れた頃に急に減りはじめます。(私は1か月位)
  • 一定の食事量を継続して減り始めるのを待ちましょう!

 

少しでも参考になれば幸いです。

 

お読みいただき、ありがとうございます(^^)/

 

 

つれづれちゃま

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

chamachamakun

「健康でワインを飲み続けたい!」をモットーに、ダイエット(健康に関する色々)とワインを楽しんでます。60㎏ダイエット体験や、ワインを飲みながら走るマラソン大会等、過去と現在の楽しい体験をお伝えしていきます。少しでも楽しんでいただけたら嬉しいです(^^)/