イタリアワイン巡り&イスタンブールマラソン体験(2013)

開いていただき、ありがとうございます!

つれづれちゃまです。

 

イタリアでワインを飲みたいヽ(^。^)ノ

そして

ボスポラス海峡を走りたい(^o^)丿

 

2013年、私はアジア~ヨーロッパ間をつなぐボスポラス海峡を渡る「イスタンブールマラソン」に参加しました。

せっかくトルコまで行くのでもう1国寄りたいと思い、イタリア観光(ワインを飲みまくる!」)後に、トルコでマラソンする流れにしました。

 

今回は「イタリアワイン巡り&イスタンブールマラソン体験(2013)」と題して、当時を振り返りつつ記載していきます。

 

この記事がおススメな方♪
  • イタリアやトルコ(イスタンブール)に興味がある
  • ワインが好き、興味がある
  • 海外のマラソンに興味がある
  • なんかお祭りっぽいことが好き!

 

お好きな部分からお読みくださいね(^^)/

 

イタリア1か所目 ローマ

ローマ市内観光 1

まずはイタリアはローマの観光からスタートしました。

街中、遺跡だらけ(゚д゚)!

 

「コロッセウム」「真実の口」など、教科書でしか見たことがないような遺跡ばかりでなく、そこかしこにローマっぽい遺跡がゴロゴロしてました!!

 

ローマのワインショップ&バー

イタリアワインを飲みたい(^o^)丿

 

ということで行きついたお店が「Trimani_Il_Winebar」です。

ワインショップとワインバーが併設されています。

(参考)トリバゴさんのショップ紹介ページです。

 

いや~、美味しい~ヽ(^。^)ノ

 

料理に合わせ、ショップ内のワインを合わせて提供してくれます。

 

この料理とワインが、まぁ、合うこと、合うこと(^o^)丿

 

店員さん(写真右端)がイケメンのためか、勧められるまま、飲みまくりました~(^^♪

 

イケメンに勧められるまま、3本のワインを購入しました。

まず1本目はこちら。

 

芸術的なエチケットですよね~♪

 

正直あまり覚えてませんが、「飲みやすい!」「おいしい!」と言っていたことは覚えてます。

感想をメモしておけばよかったですね,,,(^_^;)

ワイン情報
名前 :San Giocondo Vino Novello 
種類 :赤ワイン
葡萄 :Toscana IGT
生産者:Marchesi Antinor
産地 :Tuscany, Italy
費用 :1000円台

2本目です。

 

濃厚で、とっても美味しい~(^^♪

 

濃い果実味、それでいてクセがない赤ワインだったと記憶しています。

味の濃いパスタとも最高にマッチしていたと思います。

店員さんが、「俺のおススメのトスカーナワインだよ!」と力強く勧めてくれた記憶があります。

 

これが、トスカーナワインか~(^^)

 

そんな感想を抱いた1本です。

ワイン情報
名前 :イル・ギッツァーノ
種類 :赤ワイン
葡萄 :サンジョベーゼ 80% メルロー 20%
生産者:テヌータ・ディ・ギッツァーノ
産地 :イタリア トスカーナ
費用 :2000円~3000円台

3本目です。

 

シチリアの風を感じる~ヽ(^。^)ノ

 

行ったことは無いのですが、記憶ではシチリア料理のときに店員さんが勧めてくれて、何故かそう感じた(妄想した!?)記憶があります♪

 

ワインって、不思議と産地の雰囲気を感じる気がするんですよね~

 

なんだか、シチリア島も行きたくなってしまいました(^.^)/~~~

 

ワイン情報
名前 :Tenuta di Fessina Il Musmeci Etna Rosso Riserva
種類 :赤ワイン
葡萄 :100% Nerello Mascalese
生産者:Tenuta di Fessina
産地 :イタリア シチリア島
費用 :3000円~4000円台

 

もともと、イタリアに行くからには「バローロやバルバレスコを買うぞ!」と思っていました。

イケメン店員さんのおかげで、トスカーナやシチリアの美味しいワインの魅力に気づかせていただきました(^^)v

 

ローマ市内観光 2

映画「ローマの休日」のスペイン広場と階段に、トレビの泉です♪

バチカン市国のバチカン美術館です。

 

美しすぎる(゚д゚)!

 

十分感動したのですが、この後、もっと驚愕することに,,,

サンピエトロ大聖堂内です。

 

圧倒的な美しさと壮大さに、鳥肌が立ちました(゚д゚)!

 

一番右端の写真は外を歩いていたら発見した建物です。

 

街全体が芸術すぎる!!

 

ローマ観光、忘れられないですね(^^)v

 

イタリア2か所目 フィレンツェ

フィレンツェ市内観光 1

ローマ観光後、フィレンツェに行きました!

 

有名なドゥオーモです。

 

素敵な、かわいい街ですね~\(^o^)/

 

ローマはスケールの大きさに圧倒されましたが、フィレンツェはいちいちオシャレな、可愛らしい雰囲気に満ち満ちてました♪

 

サンタマリアノヴェッラ薬局です。世界最古の薬局で観光名所ですね♪

 

ここでフットマッサージ用のとても良い香りのクリームを購入したのですが、これで毎日マッサージしたおかげで、マラソンまで疲労感を和らげることができました(^^)v

 

フィレンツェのワイン体験

PROCACCIというエノテカ(ワインバー)です。

(参考)PROCACCIのFASEBOOKリンク先です

 

あまり事前情報が無かったので、ホテルの方に「お勧めの「Enoteca」を教えてください(^^)/」と伝えたところ、案内してもらったところです。

ホテルの方曰く、地元の方に人気なのだそうです。

当時持参したガイドブック「地球の歩き方」には載ってなかったと思います。

 

写真ではワインの銘柄も分からず申し訳ないのですが、トスカーナの赤ワインで、トマトのリゾットらしき料理ととってもマッチしていました♪

 

ちなみに、隣に座っていたご老人がとても素敵な紳士でした(^^♪

真っ白で大きい犬を連れていて、オシャレなイタリアを感じました!

 

Enoteca Obsequiumというワインショップとワインバーが併設されているようなお店です。

トリップアドバイザーさんの紹介ページリンクです。

 

今回の旅では私が好きなワイン漫画「神の雫」の影響で、是非「ブルネッロ ディ モンタルチーノ」を本場イタリアで購入したい!」という目的があり、ショップを探して行きつきました。

 

このお店ではチーズやオリーブに合わせてワインティスティングも出来ました!ブロンドの素敵な店員さんがとても親切におススメしてくれたのを覚えています♪

 

そして購入したのがこのワインです。

 

飲みやすくて、オリーヴとすっごい合っている\(^o^)/

 

という感想だったと記憶しています。

そして何より、

 

コスパ良すぎ(゚д゚)!(当時、2000円~3000円台でした!)

 

ブルネッロは高いな~という印象を持っていたので、即購入しました♪

(ちなみに、今回通販サイトを調べたら4000円台でした。流通費とかかかっているんですかね,,,?)

ワイン情報
名前 :ヴァル・ディ・スーガ ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ
種類 :赤ワイン
葡萄 :サンジョベーゼ・グロッソ(ブルネッロ) 100%
生産者:ヴァル・ディ・スガ
産地 :イタリア トスカーナ州 モンタルチーノ地区
費用 :4000円~5000円台

 

ちなみにこのお店ではオリーブオイルの試飲やハチミツも試食できました。

いずれもと~っても美味しくて、ついつい購入してしまいました(^^)v

 

フィレンツェ市内観光 2

美しいものばっかりヽ(^。^)ノ

 

ダビデ像や幸運のイノシシ像等、小さな街の中に見どころが満載でした。

ローマが荘厳な美しさだとすると、フィレンツェは美しい中に、どこか親しみやすい、可愛らしい幸せオーラが漂っていました(^^♪

 

癒されました♪フィレンツェ(´▽`)

 

イタリア3か所目 ヴェネツィア

ヴェネツィア市内観光 1

イタリア最後の3か所目は「水の都」ヴェネツィアです。

 

「水の都」って感じですね~(^^♪

 

観光スポットのサンマルコ広場です♪

高台から見える景色が、やはり「水の都」だな~と思いました。

 

ヴェネツィアの「はしご酒(バーカロ)」体験

アラルコというバーカロ(立ち飲みワインバーみたいなところ)です。

トリップアドバイザーさんの「All_Arco」紹介ページのリンク先です。

 

事前の情報で「ヴェネツィアではバーカロをはしごして飲み歩くもの!」とのことで、ひとまず目についたこの店に突入しました(^^)/

 

残念ながら雰囲気に飲まれ、写真を撮れませんでしたが、白ワインと生ハムが乗ったバゲットのようなつまみを食べました。

サッパリ美味しかった印象ですが、何より、

 

ヴェネツィアで「立ち飲み」しちゃってる(゚∀゚)!

 

という嬉しさで、テンションが上がった記憶があります♪

 

2件目は「カンティーナ ド モーリ」です。

トリップアドバイザーさんの「Cantina_Do_Mori」紹介ページのリンクです。

 

外見は薄暗そうで入りづらかったのですが、中はとっても賑やかでした!

特に右端の店員さんが、ハイテンションで色々話してくれて楽しかったです♪

「このワインは自分たちで作っているんだよ(^^)v」と嬉しそうに話してくれたことを記憶しています。

 

ヴェネツィアで「はしご酒」しちゃってるヽ(^。^)ノ

 

完全に雰囲気酔いしてましたね(^_^;)

 

ヴェネツィア市内観光 2

どこもかしこもロマンチックですよね☆

 

夜のヴェネツィア、本当に美しかったです(^o^)丿

 

トルコ:イスタンブールマラソンへ

イタリアで十分に観光とワインを堪能し、いよいよトルコへ移りました!

イタリアと雰囲気全然違う(;゚Д゚)

 

エキゾチックな魅力満載でした♪

イスタンブールマラソンエントリー&美味♪

イスタンブール到着当日の夜に、早速イスタンブールのエントリー会場へ。

 

あ、私、マラソンに来てたんだ(;゚Д゚)

 

イタリア観光ですっかり芸術とワインですっかり忘れてました♪

 

エントリー会場の雰囲気が一喝してくれました(^_^;)

 

マラソンエントリー後は、世界三大料理の1つ、トルコ料理を堪能(^^)v

といっても、ヨーロッパと比べてとってもお安く、そして美味しかったです!

 

写真は、シュルケジという街のロカンタ(大衆食堂のようなお店)です。

 

このスープや肉料理の美味しいこと、美味しいことヽ(^。^)ノ

 

ちなみに、このお店には俳優の速水もこみちさんが来店されたそうで、店長(右端の方)との写真も飾ってありました!

 

幻想的ですね~♪

 

ライトアップされたアヤソフィア(イスラム教のモスク(寺院)の1つ)です。

 

イスタンブールマラソン当日

いよいよイスタンブールマラソン当日です!!

朝からランナーで大混雑(^_^;)

 

移動のバス(左上)はぎゅうぎゅう詰めでした!

スタート地点に着くと各国の言葉で「参加ありがとう!」というメッセージが流れ、嬉しく思いました♪

 

気持ちいい~ヽ(^。^)ノ

 

ボスポラス海峡はアジア大陸とヨーロッパ大陸をつなぐ橋です。

 

アジアからヨーロッパへ走って渡っている!

 

そんな高揚感が味わえましたよ(^^)v

ちなみに何故か飼い犬を連れて走っている人もいました。

自由ですね~♪

 

実はこの大会、結構しんどいです(^_^;)

 

ボスポラス海峡を渡るまではテンション上がるのですが、その後は平たんな道路をひたすら走り続けます。

さらに、ほとんど給水や食事補給が用意されていません(゚д゚)!

 

何かの修行なのか(;゚Д゚)?

 

それでも、ゴールのブルーモスク目指して黙々と走っていきます!

 

無事にフィニッシュ~(^^)v

 

と、言いたいところですが、私は制限時間オーバーでした(^_^;)

それでも中途回収のバスに乗らずにゴールしたので、写真右上の、記録が書いていない記録証をもらいました♪

 

ちなみに、完走者へはメダルが授与されます。写真は同行者でゴールした人の分です(^^ゞ

 

イスタンブール観光

イスタンブールの代表的なモスク(寺院)、ブルーモスクです。

 

綺麗ですよね~(^^♪

 

イタリアとは違った、独特な美しさと威厳を感じました(^^)/

 

暗い宮殿がバシリカ・シスタン (イスタンブール地下宮殿)です。

賑やかそうな写真はエジプシャンバザールです。

 

独特な魅力がありますよね(^^)v

 

ちなみに、トルコは親日国家とのことで、そこかしこに日本語が見えました(^^)/

 

 

どれもこれも安くて美味しい~ヽ(^。^)ノ

 

実は、イタリアでは物価が高いせいか、食費は結構かかっていました(^_^;)

トルコの値段は比較にならない位安いです!加えて美味しい!!

 

最高でしたね(^^)v

 

ちなみに、写真の船のようなお店は、サバサンドという、鯖をパンで挟んで食べる料理の有名店です。

あと、右下の少年が露店で販売していたザクロのジュース、これがもう絶品でしたヽ(^。^)ノ

マラソン後も購入し、その美味しさに癒されました(^-^)

 

イスタンブール、楽し(美味し)かったです~ヽ(^。^)ノ

 

最後に

2013年当時を振り返りつつ記載してみました。

 

イタリアとトルコの感想
  • イタリアは、街全体が芸術作品みたいです!
  • 「はしご酒」みたいに、ワインが身近で大衆的です♪
  • トルコ(イスタンブール)は、街全体がエキゾチックで幻想的です!
  • トルコ料理は、うまくて、安くて、大衆の味方です♪
  • イスタンブールマラソン、忘れられない体験です(色んな意味で)!

 

写真を見返しながら、当時の楽しかったをことを色々思い出しました♪

 

イタリアもトルコもまた行きたい!(^^)!

 

少しでも楽しさがお伝え出来ていれば嬉しいです!

 

お読みいただき、ありがとうございました(^^)/

 

 

つれづれちゃま

 

2 件のコメント

  • はぁ~~ためいきしか出ない。最高っすね!
    日本でイタリアワインを飲むとは違い、地元でいただくお料理はもちろんイタリアの空気も一緒にマリアージュですもんね。おいしくないわけがない。うらやましい。

    「そういえばマラソンに来てた!」ウケます。

    いつも旅行記楽しみです。どんどん載せてください!

    • コメントありがとうございます(^^)/現地に行くと印象が深まりますね♪
      マラソンで現世に引き戻されましたf(^_^)

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    chamachamakun

    「健康でワインを飲み続けたい!」をモットーに、ダイエット(健康に関する色々)とワインを楽しんでます。60㎏ダイエット体験や、ワインを飲みながら走るマラソン大会等、過去と現在の楽しい体験をお伝えしていきます。少しでも楽しんでいただけたら嬉しいです(^^)/